Business

ビジネス

日立、企業・官公庁のPC資産管理を支援する ASP サービスを発表

japan.internet.com 編集部
2003年8月26日 / 00:00
 
株式会社日立製作所 ユビキタスプラットフォームグループは、PC資産管理をサポートする企業や官公庁向けの ASP サービス「PC管理サービス」を2003年9月1日より提供することを発表した。

このサービスは企業や官公庁で数百台、数千台規模で導入されているPCについて、個別機器の情報(PC資産情報)をサーバー上で一括管理するとともに、廃棄時にPC内データの消去ユーティリティを提供、データ漏洩を防止するもの。

クライアントPC側にフィンランド・Blancco の管理ソフトウェアをインストール/実行することで、管理サーバーがハードウェア情報を自動収集する。管理できる主なPC資産情報は、資産管理番号、CPU(メーカー・種類・クロック・搭載数)、メモリー(容量)、ハードディスク(容量、搭載数)、LAN カード(MAC アドレス)、ユーザー名など。

管理者は Web ブラウザからこれらの情報を検索/閲覧できるほか、データ(CSV 形式)としてダウンロードも可能。

また廃棄時には、管理ソフトによりハードディスク内のデータを消去する。消去後、PCから管理サーバーにハードウェア情報とともに消去実績を通知する機能を備えている。

サービス料金は基本料金が初年度7万円(2年目以降3万円)、またクライアントPC1台につき3,000円(1年間)となっている。
【関連記事】
米 Sunと日立、データセンター用ストレージのグローバル提携を延長
米HPと日立、ハイエンド ストレージ分野での協力関係を2008年まで延長
日立、実写映像とCGをリアルタイムで合成する技術を開発
JEITA、撤退メーカーPCの回収、再資源化を引き受け
日立、e-マーケットプレイスで ASP 型の受注管理 Web サービス

New Topics

Special Ad

ウマいもの情報てんこ盛り「えん食べ」
ウマいもの情報てんこ盛り「えん食べ」 「えん食べ」は、エンジョイして食べる、エンターテイメントとして食べものを楽しむための、ニュース、コラム、レシピ、動画などを提供します。 てんこ盛りをエンジョイするのは こちらから

Hot Topics

IT Job

Interviews / Specials

Popular

Access Ranking

Partner Sites