Business

ビジネス

三井物産、MSなど4社、ITフィールドエンジニアの新教育資格制度発表

japan.internet.com 編集部
2003年3月17日 / 00:00
 
「ネットエキスパート」と他の資格制度の位置づけ。幅広い分野での知識とスキルを求める ※クリックして拡大  
三井物産株式会社マイクロソフト株式会社株式会社エヌ・ティ・ティ エムイー(NTT-ME)、株式会社パソナテックの4社は共同で、ITフィールドエンジニア向けの新教育資格制度「ネットエキスパート」を4月より本格開始すると発表した。

ネットエキスパート」は、個人ユーザーや中堅・中小企業などの利用現場で、ブロードバンド、無線 LAN、IP電話、IP-VPN などについて、構築や運用、問題解決にあたることのできる実践的技術者の育成を目指すもの。昨年2月より、4社を含む計64社で構成される「ネットエキスパート制度推進協議会」が検討を重ね、試験のテスト運用などを行ってきた。

同制度は実践を重視して「知識・スキル・経験」の3要素を柱とし、検定試験では実技を意識したほか、資格取得後も Web を通じたフォローアップにより、スキル、知識の拡充を支援する「継続的な自己啓発システム」を目指す。

4月24日よりアール・プロメトリックの会場で CBT(コンピュータを使用したテスト形式)による検定試験を開始、また4月初旬からアビバジャパン松下ビジネスサービスなどで順次公式トレーニングを開講する。検定試験の受験料は1万5,000円、また公式トレーニングは約20万円(標準価格・30時間コース)となっている。

4社では、同制度による資格取得者を初年度1万5,000人、次年度2万5,000人、3年目には4万人まで拡大したい、としている。

記者発表を行ったマイクロソフトの眞柄泰利 取締役は「インフラの急速な普及の一方で、個人や中小企業、地方の利用者をサポートできるフィールドエンジニアはまだまだ足りないのが現状。マイクロソフトとして当面は、『マイクロソフトIT推進全国会』を通じ全国のパートナー企業への普及を進める」とした。

また、三井物産の土屋哲雄 エレクトロニクス事業開発部長は「資格の更新は2年ごとに行う。ポータルサイトを通じて、認定する我々の側と資格取得者の側でひとつの“コミュニティ”を形成し、相互に啓発しあう『成長していく資格』にしたい」と語った。
【関連記事】
インターネットで高校卒業資格が取れる
新しい時代には新しい資格
日立電子サービスの新入社員150名が Turbo-CE に合格
スルガ銀行、Linux 技術者を金利面で優遇
hi-ho、各種資格の講座情報サイトを開設

New Topics

Special Ad

ゆりかごからロケットまで、すべての乗り物をエンジョイ
ゆりかごからロケットまで、すべての乗り物をエンジョイ えん乗り」は、ゆりかごからロケットまで、すべての乗り物をエンジョイする、ニュース、コラム、動画などをお届けします! てんこ盛りをエンジョイするのは こちらから

Hot Topics

IT Job

Interviews / Specials

Popular

Access Ranking

Partner Sites