Business

ビジネス

プラットフォームとして魅力の増す Linux サーバー市場

Thor Olavsrud
2002年12月11日 / 00:00
 
 
調査会社 META Group の予測によると、Linux OS 搭載サーバーの出荷数が今後急成長をみせ、Microsoft (NASDAQ:MSFT) もアプリケーション運用環境として無視できないほどの市場性を持つという。

META Group は現在サーバー出荷数の15%から20%を占める Linux OS が、2007年までには新規サーバー出荷の45%を占めるまで拡大すると予測しており、こうした堅調ぶりにより、Linux は Microsoft にとっても魅力的な市場になりそうだとの見解を示した。

META Group によると、2004年後半までに Microsoft は『.NET』コンポーネントなどアプリケーション構築要素を Linux 環境用に移行し始め、その後『SQL Server』『IIS』『Exchange』といった主要バックオフィス製品も次第に Linux 用が出てくるという。

ちなみに Microsoft に問い合わせたところ、「Microsoft が Linux 用に特化してサーバーソフトウェアを開発する予定はなく、Windows プラットフォームが引き続き戦略の柱となる」と述べている。

META Group は、TCO (システムの維持運用にかかるコスト) の面で、Linux サーバーは Windows サーバーよりも高くつくため、当面は UNIX のシェアを奪い取ることになりそうだとしている。

META Group の予測では、企業のデータセンターで運用する各 OS の比率は、Linux が現在の3%から2007年には11%に増加すると予測する共に、Windows も同様に2007年までには38%に達するとしている。一方同時期の UNIX および zOS のシェアは、それぞれ40% および 11% としている。

さらに、Intel 製ハードウェアプラットフォームの持つ経済性の高さが主要因となって、2012年までには、Linux のサーバーシェアは26%に達し、同じく Windows も51%までサーバーシェアを拡大するという。反面コストが足かせとなり、UNIX のサーバーシェアは20%、zOS は3%にまで下がるとしている。
【関連記事】
低迷の続いた広告市場全般に、そろそろ回復の兆し
レーザーファイブ、Conexant の HNP 対応 Linux 開発キット
TI の OMAP 対応 MontaVista Linux
2003年後半には、パソコン出荷台数が回復するとの予測
Tripwire for Servers の Linux 対応版を発売

New Topics

Special Ad

ウマいもの情報てんこ盛り「えん食べ」
ウマいもの情報てんこ盛り「えん食べ」 「えん食べ」は、エンジョイして食べる、エンターテイメントとして食べものを楽しむための、ニュース、コラム、レシピ、動画などを提供します。 てんこ盛りをエンジョイするのは こちらから

Hot Topics

IT Job

Interviews / Specials

Popular

Access Ranking

Partner Sites