Business

ビジネス

ネット家電では「セキュリティ系」が有望―三菱総研が生活者調査

japan.internet.com 編集部
2002年11月29日 / 00:00
 
株式会社三菱総合研究所(MRI)は2002年11月29日、通信サービスに関する生活者の利用実態・動向調査「世帯・個人の通信サービス利用についてのアンケート調査」の結果を発表した。

この調査は全国の1008世帯、2169人を対象に2002年9月から10月にかけて行われたもの。

それによれば、現在インターネット接続の世帯普及率は43.9%で、その中で「ナローバンド(アナログダイヤルアップ、ISDN)」占める割合は62.3%、一方で「ブロードバンド(ADSL、CATV、FTTH、無線インターネット)」は35.8%となっている。今後の接続環境については、特に FTTH の利用希望が3年後を目途に急増しており、「プロバイダ料等込みで5,000円という価格を実現できれば普及が大きく促進される可能性がある」(MRI)。

ブロードバンド ISP 各社の発表により注目の高まっている IP 電話については、「料金次第で利用したい」という回答が28.4%だった。どの程度料金が節減されれば利用するかという質問に対しては、半数以上が「30%以上の通話料節減」を挙げている。

また各種のネット家電についての調査では、最も利用意向の高かったのが「外出先からの鍵の閉め忘れ確認、開閉操作」で57.3%、以下「外出先からのガス確認、湯沸し操作」(50.3%)、遠隔ビデオ操作(44.5%)と続く。

発表の中で MRI はネット家電を「AV 系(ビデオ等)」「白物系(エアコン、電子レンジ等)」「セキュリティ系(電灯、鍵、ガス等)」に分類しており、それによれば利用ニーズ・付加価値創出製・買い替え促進性の3点で、いずれも「セキュリティ系」のネット家電が有望である、としている。

なお調査結果の概要(PDF)は下記のサイトからダウンロードできる。

○「世帯・個人の通信サービス利用についてのアンケート調査」結果
 http://www.mri.co.jp/NEWS/2002/pr02112900.html
【関連記事】
家庭の常時接続回線をどう使う?― 防犯カメラに76%が「興味あり」
「ケータイ向けテレビ放送」視聴希望ユーザーは86%― 博報堂など調査
松下電器とノキア、携帯端末―ネット家電間の相互接続で技術提携
MSNBC.com が有料サービスの着手へ
携帯電話と常時接続回線を利用した、簡易防災・防犯サービス

New Topics

Special Ad

ウマいもの情報てんこ盛り「えん食べ」
ウマいもの情報てんこ盛り「えん食べ」 「えん食べ」は、エンジョイして食べる、エンターテイメントとして食べものを楽しむための、ニュース、コラム、レシピ、動画などを提供します。 てんこ盛りをエンジョイするのは こちらから

Hot Topics

IT Job

Interviews / Specials

Popular

Access Ranking

Partner Sites