Business

ビジネス

『SBC Yahoo! DSL』サービスにストリーミング機能

InternetNews Staff
2002年10月24日 / 00:00
 
 
Web ポータル Yahoo! (NASDAQ:YHOO) は、ライバルの AOL や MSN に対して優位に立とうと、『SBC Yahoo! DSL』サービス加入者へのストリーミング映像配信用に Macromedia (NASDAQ:MACR) 製サーバーを導入する。SBC Yahoo! DSL サービスは、Yahoo! が大手地域通信会社 SBC Communications と共同ブランドで提供している ADSL 接続サービス。

AOL と MSN は今秋、それぞれ新版のポータルソフトウェアを鳴り物入りで発売することになっている。どちらも高速インターネット接続の利点を生かそうと設計された、数々の新機能を搭載するアップグレード版だ。

一方 SBC Yahoo! DSL サービスに加わる新機能には、ニュース速報、娯楽、健康、ライフスタイル、スポーツ、金融関連レポートなどがある。いずれも同サービスのホームページで利用できる。コンテンツは、Reuters 通信や気象情報の AccuWeather.com などのほか、Yahoo! 傘下 Web サイトからも提供される。アクセスには、バッファリングをほとんど要せず、また別なメディアプレーヤーを開く必要もない。

SBC Yahoo! DSL サービスに導入される Macromedia 製サーバーは、『Flash Communication Server MX』。これは上記のような配信機能を持つほか、開発者にも大きな利点を提供する。ストリーミング映像/音声をモーショングラフィックスと組み合わせて、インターネット上のマルチメディア プレゼンテーションの質を向上させることができるからだ。

Flash Communication Server MX は、マルチウェイおよびマルチユーザー型の映像チャットや音声チャットといったメッセージング機能も持つ。さらにリアルタイム コラボレーション機能も備えているため、複数のユーザーがライブホワイトボードはじめリアルタイムデータを、1つのアプリケーションのコンテンツ内で共有することも可能だ。
【関連記事】
ColdFusion、Java アプリケーションサーバーに対応
DoubleClick と Macromedia、リッチメディア戦略提携
Macromedia、サーバーソフトをオープン化
Java プラットフォーム向け『ColdFusion MX』が登場
Adobe と Macromedia、泥沼の訴訟合戦に終止符

New Topics

Special Ad

ウマいもの情報てんこ盛り「えん食べ」
ウマいもの情報てんこ盛り「えん食べ」 「えん食べ」は、エンジョイして食べる、エンターテイメントとして食べものを楽しむための、ニュース、コラム、レシピ、動画などを提供します。 てんこ盛りをエンジョイするのは こちらから

Hot Topics

IT Job

Interviews / Specials

Popular

Access Ranking

Partner Sites