Business

ビジネス

創造的破壊のためのスイッチ

百式管理人
2002年7月11日 / 00:00
 
 
瞑想とか黙想とか、そういった大げさなものではないが、自分の「モード」を切り替えるためにちょっと静かな時間を意識的に作り出している人達がいる。

仕事モードに切り替えるだとか、営業モードに入るだとか、プレゼン前に気持ちを切り替えるだとかそういったタイミングである。

そしてそういった「モード」のスイッチは意識的に持っておいた方がいいような気がする。そうでないと過去の延長上として現実を引きずってしまい、現実の延長でしか未来が創られないからだ。

そしてそういった連続的な時間からはいつもの習慣を壊すきっかけがつかみにくい。いつもの習慣を壊せなければ創造的破壊は起こしにくいのである。

そんなことをAMBIENT MACHINESのサイトを見ながら思った。このサイトではアンビエント系音楽、つまり瞑想に適した環境音楽、をサイト上で楽しむことができる。VJのような機能もあって、音楽にあわせて気ままに映像を画面に配置することもできる。

自分の「モード」を切り替えるための自分だけの儀式。そんなものを日々の生活に入れてみると創造的破壊が起こしやすくなるのかもしれない。

AMBIENT MACHINES :
http://www.ambientmachines.com/

記事提供:

New Topics

Special Ad

ウマいもの情報てんこ盛り「えん食べ」
ウマいもの情報てんこ盛り「えん食べ」 「えん食べ」は、エンジョイして食べる、エンターテイメントとして食べものを楽しむための、ニュース、コラム、レシピ、動画などを提供します。 てんこ盛りをエンジョイするのは こちらから

Hot Topics

IT Job

Interviews / Specials

Popular

Access Ranking

Partner Sites