japan.internet.com
ビジネス2002年5月22日 00:00

【コラム】IMと状況情報

この記事のURLhttp://japan.internet.com/busnews/20020522/5.html
著者:百式管理人
国内internet.com発の記事
一般的にナレッジマネジメントなる手法には二つの大きな方向性があると思う。一つは知識そのものをデジタル化なり形式化するなりして管理する方法。もう一つは知識そのものではなくて、誰がその知識を知っているかを管理する方法である。

後者の方はいわゆる知識とその所有者である人の関連性を管理する手法である。「これを知っているのはこの人だからその人に聞いてね」という具合にその知識そのものについては概要レベルでしか管理しない、という仕組みである。

管理する知識の種類にもよるだろうが、今のデジタル技術では効果性や効率性を考えると後者の手法の方が良いように思われる。そしてその手法をさらによくする方法としてPRESENCEWORKSが提案している仕組みは面白いと思った。

PRESENCEWORKSではいわゆるインスタントメッセンジャー(IM)をビジネスアプリケーションに組み込む技術を提供している。メールやウェブ、スケジューラー、販売管理システムなどに人の名前が出てきたときに「この人は今オンラインですよ」とか「オフラインですよ」なんて情報をあわせて提供することができるのだ。

この方法だと「誰が何を知っている」という情報にさらに加えて「誰が何を知っていて、その人と今話せるか」という状況に関する情報まで管理することができる。

IMをチャットツールとして捉えると仕事のじゃま、となりがちだが、状況情報の提供ツールと捉えなおしてみるとおもしろい使い方があるのかもしれない。

PRESENCEWORKS: http://www.presenceworks.com/

記事提供:


japan.internet.comのウエブサイトの内容は全て、国際法、日本国内法の定める著作権法並びに商標法の規定によって保護されており、その知的財産権、著作権、商標の所有者はインターネットコム株式会社、インターネットコム株式会社の関連会社または第三者にあたる権利者となっています。
本サイトの全てのコンテンツ、テキスト、グラフィック、写真、表、グラフ、音声、動画などに関して、その一部または全部を、japan.internet.comの許諾なしに、変更、複製、再出版、アップロード、掲示、転送、配布、さらには、社内LAN、メーリングリストなどにおいて共有することはできません。
ただし、コンテンツの著作権又は所有権情報を変更あるいは削除せず、利用者自身の個人的かつ非商業的な利用目的に限ってのみ、本サイトのコンテンツをプリント、ダウンロードすることは認められています。

Copyright 2014 internet.com K.K. (Japan) All Rights Reserved.