Business

ビジネス

Cingular、次世代ワイヤレス GPRS サービス開始

allNetDevices Staff
2001年8月29日 / 00:00
 
 
米国のワイヤレス通信大手 Cingular は27日、シアトル地域において次世代ワイヤレス パケット サービスである GPRS の商用サービスを開始したと発表した。

そして、2002年初めまでに同社がカバーするすべての北米 GSM 市場で GPRS サービスを開始する予定であることも明らかにした。GPRS は、最高で144kbpsの通信速度を提供できる可能性を持つシステムだ。

Cingular は、SBC (NYSE:SBC) のワイヤレス部門と BellSouth (NYSE: BLS) のジョイントベンチャーで、BellSouth Mobility、Pacific Bell Wireless、Ameritech Cellular、SBC Wireless など11のブランドからなっているが、それらのうち GSM サービスを提供しているのはいくつかに過ぎない。それらがカバーする地域で GPRS サービスを開始すれば、 ―― 西海岸と東海岸に集中している ―― に高速ワイヤレス接続サービスを提供できるようになる。

北米のライバル会社も、いくつかが年末までに高速サービスを開始すると発表ずみだ。その中でも積極性が目立つのは Sprint PCS だが、Cingular とは異なり、その北米通信網全体で高速携帯サービスを提供する計画だ。

Cingular は、データ通信時間はワイヤレス通信プランとして計算しないと述べている。その代わり、利用者はデータ送受信のキロバイトベースで料金を支払う。同社は、月額24.99ドルからなるデータパッケージも提供する。
【関連記事】
大きさと効果は比例せず
移動体高速データ通信サービスの料金は高すぎる
ワイヤレス通信大手 Cingular、検索エンジンの Google と提携
スピードと内容は別の話
いざというときには、Sprint PCS の電話で

New Topics

Special Ad

ウマいもの情報てんこ盛り「えん食べ」
ウマいもの情報てんこ盛り「えん食べ」 「えん食べ」は、エンジョイして食べる、エンターテイメントとして食べものを楽しむための、ニュース、コラム、レシピ、動画などを提供します。 てんこ盛りをエンジョイするのは こちらから

Hot Topics

IT Job

Interviews / Specials

Popular

Access Ranking

Partner Sites