CyberAtlas

CyberAtlas

職場におけるインターネットの監視が、世界中で強化

Michael Pastore
2001年7月18日 / 00:00
 
Nielsen//NetRatings の報告によると、昨年一年間で、職場 でインターネットを利用している人の数は4,200万人に達し、一年前と比べると23%増加していることが明らかになっ た。2001年6月の平均ログイン回数は43回、オンライン所要時間は22時間38分であった。

「米国では、職場で インターネットを利用する人の数が全体の15%にのぼるが、その数は引き続き増加している。職場での利用は、リサー チ、B2B トランザクション、オフィス業務用ツールとしての利用が多い」と、 NetRatings の VP、Sean Kaldor 氏は 語った。

米国における職場のインターネット利用 平均
2000年と2001年

2000年 6月 2001年 6月 成長率(%)
一カ月の平均セッション数 39 43 10%
訪問サイト 数 28 35 25%
平均利用時間数
(時間:分:秒)
20:30:36 22:38:22 10%
インターネット人口 3440万人 4230万人 23%
情報元: Nielsen//NetRatings
Web サイトの 利用率をカテゴリ別に見ると、一年前と比べて、企業情報サイトが49%、金融サイトが42%、オンライン旅行関連サイト が31%成長している。

インターネットは、欧州でもその重要性が高まりつつある。
Taylor Nelson Sofres は、英国、イタリア、フランス、ドイツの800の会 社員を対象に調査を行ったが、その調査報告書である『Web@Work Survey 2001』によると、休み時間にインターネット にアクセスすることについては、73%の会社員が「問題がない」としている一方、約半数は「業務時間の前か後が望まし い」と感じている。

米国職場でのアクセス サイト カテゴリ ー
成長率順
カテゴリー ユニーク
ユーザー数

(000)
成長率
企業情報 14,611 49%
金融/保険/投資 21,169 42%
旅行 18,399 31%
テレコム/インターネッ ト サービス 29,691 28%
特殊カテゴリ ー* 4,125 27%
*特殊カテゴリーにはグリーティング カード、ギフトなどが含まれる。
情報元: Nielsen//NetRatings
職場におけるインターネット不適切な利用について、最も過剰 な反応を示しているのは英国で、英国の雇用主は、職場のインターネットに関する提訴をイタリアの5倍、フランスやド イツの2.5倍行っている。私用インターネットについては、欧州企業の半数以上が「問題ない」としているが、英国では 雇用主の3分の2がインターネットの利用に関するガイドラインを設定している。

また
Privacy Foundation は、インターネット利用に対する企業の監 視状況についても調査を行っており、米国では、オンライン利用従業員の3分の1以上にあたる1,400万人が、職場でのイ ンターネットや Eメールの利用を監視されている一方、世界的にみると、2,700万人の従業員が監視下に置かれているこ とが明らかになった。

監視の理由としては、生産性の低下からセクハラ、従業員の不正に対する懸念などの 理由が挙げられたが、同リサーチは、インターネット技術が安く利用できることが最大の理由であると報告している。

職場のインターネット活動をソフトウェアによって監視されている人の数は、一年間で2倍以上に増え、監視 関連ソフトウェアの世界中の販売総額は1億4,000万ドルになると考えられている。従業員一人あたりの監視額は年間で 5.25ドルに相当する。
【関連記事】
会社で私用ネットは当たり前?
仕事中の私用ネットサーフィン

New Topics

Special Ad

ウマいもの情報てんこ盛り「えん食べ」
ウマいもの情報てんこ盛り「えん食べ」 「えん食べ」は、エンジョイして食べる、エンターテイメントとして食べものを楽しむための、ニュース、コラム、レシピ、動画などを提供します。 てんこ盛りをエンジョイするのは こちらから

Hot Topics

IT Job

Interviews / Specials

Popular

Access Ranking

Partner Sites