NTT ドコモは、キャリアアグリゲーション(CA)により最大 225Mbps の高速で通信できる、コンパクトサイズの Huawei 製モバイル Wi-Fi ルータ「Wi-Fi STATION HW-02G」を2月18日に発売する。

NTT ドコモ、LTE-Advanced 対応のファーウェイ製 Wi-Fi ルータを発売
「Wi-Fi STATION HW-02G」

3月に、LTE のさらなる大容量化、高度化を実現する LTE-Advanced サービスが開始されれば、225Mbps という高速通信ができる。BWA(Broadband Wireless Access)や ADSL 回線のスループットを越えた速度で通信できるので、固定回線の代替としても活用できる。

ただし、LTE-Advanced サービスは3月開始の予定なので、発売時の通信速度は受信時最大 150Mbps。

2GHz/800MHz/1.5GHz/1.7GHz の4つの周波数帯で運用する LTE サービス「クアッドバンド LTE」にも対応、都心から郊外まで、広いエリアで安定した通信が利用できる。屋内でも快適に通信できる 800MHz プラチナバンドにも対応する。

また、Wi-Fi 規格 IEEE802.11ac や電波干渉の少ない 5GHz に対応している。

同梱のクレードルはイーサネットポートも搭載し、LAN ケーブル経由で通信できる。クレードルにセットすると自動的に高出力 Wi-Fi 送信に切り替わる。