KDDI沖縄セルラー電話は、「au」スマートフォン「2015 Spring」の新モデルとして、デザインが特徴的な Android スマートフォン「INFOBAR A03」(京セラ製)を2月20日に発売する。

KDDI、タイルキーが復活した「INFOBAR A03」2月20日発売、ISETAN とコラボ イベントも
INFOBAR A03

INFOBAR A03 のキャッチ コピーは「LIFE. INFOBAR」。一貫して特徴的なデザインを打ち出してきた携帯電話/スマートフォン シリーズで、2003年に携帯電話の初代「INFOBAR」、2代目「INFOBAR 2」が発売されて以降、スマートフォンとしては「INFOBAR A01」「INFOBAR C01」「INFOBAR A02」に続く4代目となるモデル。個性的なデザインでファンが多く、発表会の場で KDDI 代表取締役社長の田中孝司氏も「INFOBAR 忘れてないよ」と披露したほどだ。

歴代 INFOBAR (出典:KDDI)
歴代 INFOBAR
(出典:KDDI)

2015 Spring を発表する田中孝司氏 「INFOBAR 忘れてないよ」と紹介
2015 Spring を発表する田中孝司氏
「INFOBAR 忘れてないよ」と紹介

カラー バリエーションは、INFOBAR シリーズを代表する赤基調の「NISHIKIGOI」に加え、爽やかな「POOL」、上品な「MOCHA BROWN」、可愛らしい「SAKURA IRO」の4パターン。ボディはアルマイト処理されたアルミニウムで、触り心地が優しいそうだ。曲線で構成された形状をしており、手に馴染むだけでなく、落としても画面が割れにくいという。操作面では、INFOBAR A01 で好評だったという「タイルキー」を静電式タッチセンサー キーで復活させた。このキーは、触れると文字が浮かび上がるように点灯する。

付属品として、充電時にINFOBAR A03 が置き時計のようになる卓上ホルダが用意される。au 公式アクセサリー「au +1 collection」では、専用のカバーやケース、タッチペンを販売する。さらに、三越伊勢丹(ISETAN)とコラボ イベント「DIGITAL LIFESTYLE 2015 TOKYO」(2月11日から2月16日)を開催し、共同企画した数量限定オリジナル商品の販売も行う。

専用カバー
専用カバー

INFOBAR A03 の画面は約4.5インチ(FHD:1,080×1,920ピクセル表示)で、約1,300万画素の背面(メイン)カメラと約200万画素の正面(サブ)カメラを搭載する。IPX5/IPX8 相当の防水性と、IP5X 相当の防塵性を備える。USB 端子はキャップレス タイプの防水対応で、充電をする際などにキャップの開け閉めをする必要がない。RAM サイズは 2GB、ストレージ用メモリ サイズは 16GB。バッテリ容量は 2,020mAh。プロセッサは、動作周波数 2.3GHz のクアッド コア品。Android OS のバージョンは4.4。

LTE を発展させた次世代通信規格「LTE-Advanced」の応用である「キャリアアグリゲーション(CA)」技術に対応しており、複数の周波数帯を同時に使って下り最大 150Mbps のデータ通信が行える。LTE 上の音声通話サービス「au VoLTE」も利用可能。通信規格「WiMAX Release 2.1」を採用する下り最大 110Mbps の高速通信サービス「WiMAX 2+」にも対応する。無線 LAN(Wi-Fi:IEEE802.11a/b/g/n/ac)/Bluetooth(Ver.4.0)による無線データ通信が可能。Wi-Fi テザリング(最大10台)も行える。フルセグ(視聴のみ)/ワンセグ/緊急速報メール/おサイフケータイ/NFC/GPS/赤外線通信に対応。ハイレゾオーディオには対応していない。

おおよそのサイズは幅68×高さ131×厚さ 8.9mm、重さは約 130g。ボディ カラーは「NISHIKIGOI」「POOL」「MOCHA BROWN」「SAKURA IRO」の4タイプ。

カラー バリエーション
カラー バリエーション