ニフティは2月1日に、MVNO サービス「NifMo」の料金を一部改定する。改定するのは、データ通信プラン(4GB/7GB)と契約タイプ(SMS 対応)の月額料金。あわせて、「機器セット割」と「@nifty 接続サービス セット割」を開始する。また、1月29日からデータ通信プラン変更の受付を開始した。

データ通信プランの月額料金は、2GB  は変更なしの900円だが、4GB  は2,500円から1,600円、7GB  は3,500円から2,800円に引き下げられる。2月1日から適用されるが、既存の NifMo ユーザーにも、2月利用分から新料金が適用される。

また、契約タイプの月額料金は、音声通話対応は700円で変更なし、SMS 対応は250円から150円に引き下げられる。

「機器セット割」は、NifMo スマホセットを申し込んだユーザーを対象に、利用開始月の翌月から24か月間、NifMo データ通信プラン料から月額200円を割り引く。

「@nifty 接続サービス セット割」は、「@nifty 光ライフ with フレッツ」「@nifty 光 with フレッツ」「Bフレッツコース」「@nifty au ひかり」「@nifty コミュファ光」「ADSL 接続サービス」「フレッツ・ADSL(スペシャルコース含む)」の「@nifty 接続サービス」契約者を対象に、NifMo データ通信プラン料から月額200円を割り引く。

上記料金はいずれも税別。