UQ コミュニケーションズの無線ブロードバンドサービス「WiMAX 2+」に対応したルータなどの機器には、現在グローバル IP アドレスが付与されているが、世界的に IPv4 のグローバル IP アドレスが不足していることから、同社では、2015年3月以降、順次プライベート IP アドレスに変更する。

変更後、グローバル IP アドレスに依存している一部のアプリケーションが利用できなくなるそうだが、同社では、グローバル IP アドレスの割当を保証するオプションサービスを新たに開始する。

プライベート IP アドレスでは利用できない可能性のあるものは、ルータの UPnP 対応やポート開放設定が必要なオンラインゲームの一部、DynamicDNS を利用するものや、外部から IP アドレスを指定してアクセスする、サーバーとしての利用の一部、TCP/UDP 以外のプロトコルを利用する、リモートアクセス(VPN)の一部、その他、プライベート IP アドレスの利用に未対応のアプリケーション・ネットワーク機器。

グローバル IP アドレスの割当を保証するオプションサービスは、2015年2月20日に開始される。月額利用料金は96円(税別)だが、2015年5月末利用分までは無料。