東芝は、無線 LAN に標準装備されている時刻同期機能を利用し、接続された機器を約±200マイクロ秒(1/5000秒)以内の高精度に同期制御する機能を開発した。これにより、ハードウェアの追加コストなしで、ソフトウェアの実装で高精度な無線 M2M(Machine-to-Machine)通信における同期制御が可能になる。

同技術は、無線 LAN 内部で同期している TSF(Timing Synchronization Function)タイマーを利用し、ソフトウェアで実装する。具体的には、親となる制御機器から出力される同期用の基準信号を、無線 LAN チップ内部で TSF タイマーを基準に推定し、子機に伝える。子機も、TSF タイマーを利用して、伝えられた基準信号を再現する。これにより、基準信号を共有できるようになる。

同技術の詳細は、米国ワシントン DCで開催された、屋内無線に関する国際シンポジウム「IEEE 25th Annual International Symposium on Personal, Indoor, and Mobile Radio Communications (PIMRC)」で、9月4日に発表された。