KDDI沖縄セルラー電話は、「au」スマートフォンの新モデルとして、二眼構成の特殊なメインカメラで奥行きの感じられる写真を撮影できる「HTC J butterfly HTL23」(台湾 HTC 製)を8月29日に発売する。

KDDI、二眼カメラや「ドットビューケース」が楽しい新型スマホ「HTC J butterfly HTL23」
HTC J butterfly HTL23

HTC J butterfly HTL23 のキャッチ コピーは、「いつの間にか夢中です」。メインカメラ用に2つのレンズを設け、1,300万画素と200万画素の2つの撮像素子で撮影する「デュオカメラ」を搭載し、人間の目と同じように奥行き情報を取得できるようにした。これにより、撮影後に奥行き感のある 3D 効果を加えられるほか、画像内でピントの合う位置を一部だけにして、大口径のレンズと大きな撮像素子を備える一眼カメラで撮影したかのような写真を楽しめる。また、正面側のサブカメラには500万画素の撮像素子を採用し、「驚くほど綺麗な自撮り」を行えるようにした。

2つのレンズで写真が楽しめる「デュオカメラ」
2つのレンズで写真が楽しめる「デュオカメラ」

また、au 公式アクセサリー「au +1 collection」ブランドで HTC J butterfly HTL23 専用の両面ケース「HTL23 HTC Dot View Case(ドットビューケース)」を販売する。このケースの正面側には小さな穴が格子状に並んでおり、時刻/天気/気温、メール/メッセージ受信といった通知がドット状の光で表現されるため、ケースの蓋を開けなくても情報が確認できる。アドレス帳に登録してある人から電話がかかってきた場合には相手の名前が表示され、そのまま耳に当てればカバーを閉じた状態で通話可能だ。

蓋を閉じたまま情報が確認できるドットビューケース
蓋を閉じたまま情報が確認できるドットビューケース

画面は約5.0インチ(1,920×1,080ピクセル表示)。IPX5/IPX7 相当の防水性、IP5X 相当の防塵性を備える。RAM 容量は 2GB、ストレージ用メモリー容量は 32GB。バッテリ容量は 2,700mAh。Android OS のバージョンは4.4。プロセッサは動作周波数 2.5GHz のクアッドコア品。

LTE を発展させた次世代通信規格「LTE-Advanced」の応用である「キャリアアグリゲーション(CA)」技術に対応しており、複数の周波数帯を同時に使って下り最大 150Mbps のデータ通信が行える。そのうえ、通信規格「WiMAX Release 2.1」を採用する下り最大 110Mbps の高速通信サービス「WiMAX 2+」にも対応。無線 LAN(Wi-Fi:IEEE802.11a/b/g/n/ac)/Bluetooth(Ver.4.0)による無線データ通信が可能。Wi-Fi テザリング(最大8台)も行える。赤外線/ワンセグ/フルセグ/緊急速報メール/おサイフケータイ/NFC に対応する“全部入り”だ。

おおよそのサイズは幅70×高さ145×厚さ 10.0mm、重さは約 156g。ボディ カラーは「ルージュ」「インディゴ」「キャンバス」の3色。

カラー バリエーション
カラー バリエーション

HTC J butterfly HTL23 の紹介ビデオ