エヌ・ティ・ティ・ブロードバンドプラットフォーム(NTTBP)は、2013年11月から、Android/iOS アプリ「Japan Connected-free Wi-Fi」を配布しているが、これが、7月31日から、NTT 西日本グループの NTT メディアサプライの店舗向け Wi-Fi サービス「DoSPOT」に対応したそうだ。

DoSPOT は、NTT 西日本の営業エリアに約1万5,000アクセスポイント(2014年7月30日時点)設置されている。これで、これまで提供済みの対応エリアを含めた Japan Connected-free Wi-Fi 拠点数は、全国約3万4,000アクセスポイントに拡大した。

また、DoSPOT を利用して大阪観光局が提供する「Osaka Free Wi-Fi Lite」にも、接続できるようになった。

Japan Connected-free Wi-Fi は、外国人旅行者向けの無料 Wi-Fi アプリ。また、DoSPOT は、公共施設や店舗などのオーナーが、Wi-Fi アクセスポイントを設置して、インターネットを利用できる環境を構築できるサービス。