NTT ドコモは、次世代動画圧縮技術「H.265/HEVC」(HEVC)やストリーミング技術を活用して効率的に動画を配信するためのガイドラインを、動画コンテンツプロバイダ向けに作成、ドコモの公式 Web ページで公開した。

HEVC はドコモが標準化を推進した国際標準規格の動画圧縮方式で、従来の動画圧縮方式「H.264/MPEG-4 AVC」の動画データ量を約半分に圧縮できる。

HEVC(High Efficiency Video Coding)には「ドコモ2014夏モデル」のスマートフォンとタブレットが対応しており、5月15日からドコモが開始した動画サービス「dアニメストア」でも、HEVC に対応したコンテンツを配信している。

このガイドラインは、J ストリーム、ドワンゴ、フォアキャスト・コミュニケーションズ、NTT ぷららの協力により作成された。