ソフトバンクモバイルは、4月21日より提供するとしていた LTE スマートフォン向け新料金プラン「スマ放題」について、提供開始を延期すると発表した。延期の理由は「競争環境の変化」で、新たな提供開始時期などの詳細は決まり次第公表するとのことだ。

スマ放題は、LTE スマートフォンの音声通話とパケット通信を月々定額で使えるようにする料金プラン。対象となる1回の通話時間や1か月間の通話回数、通信データ量の制限内で利用すれば、実質的に通話/通信が定額になる。

同社は、まず1月にこの新料金プランを初めて発表し、その後4月に「スマ放題」という名称を発表するとともに内容の見直しを行った。ただし、提供開始時期は当初から4月21日としていた。

これに対し、NTT ドコモは対抗サービスといえる通話定額プラン「カケホーダイ」とパケット定額プラン「パケあえる」の投入を発表してきた。ソフトバンクが今回の提供延期を決断したのは、ドコモのサービス内容に応じてスマ放題を見直すためだろうか。もしくは、まだ同種のプランを発表していない KDDI の対応を伺うためだろうか。