イオンは、米国 Google の Android スマートフォン「Nexus 4」を機種代金、通信料込み月額2,980円(税別、以下同じ)で使える新商品「イオンのスマートフォン」を、4月4日から販売する。日本通信と協力し、全国8,000台限定で取り扱う。

イメージ
イオンと日本通信が発表した新商品「イオンのスマートフォン」

スマートフォン本体と通信サービスがセットになっており、2年契約が前提だが、通信サービスは中途で解約してもよく、追加費用などはかからない。解約後は機種代金のみを月額1,420円支払うことになる。なお初期費用3,000円が別途かかる。

3G 回線に対応し、データ通信速度は上り、下りとも最大 200kbps と低速。ただし通信量 100MB につき300円の追加料金を支払うと高速通信が可能だ。音声通話は30秒当たり20円で利用できる。

店舗での引き渡しになり、受け取ってすぐに利用を始められる。ただし MNP(番号ポータビリティ)による契約の場合は、当日もしくは翌日に SIM カードが発送になり、カードが到着してから使える。

日本通信が公開した仕様によると、今回販売する Nexus 4 は、複数の携帯電話キャリアの通信サービスを利用できる SIM ロックフリー(SIM フリー) 機種。他社のサービスに簡単に切り替えられる。

SIM フリーの低価格な スマートフォンについてはすでにいくつかの企業が販売しているものの、認知度が高い割に利用は進んでいないのが現状。 背景には利用できるキャリアを限定した SIM ロック付きの機種を、携帯電話ショップなどが「実質0円」あるいは「キャッシュバック付き」などとして販売している影響があると見られる。イオンや日本通信の取り組みがこうした流れに変化をもたらすかどうか注目される。