Cerevo は、普段使い慣れた USB キーボードを iPhone、 iPad に無線でつなげる上、モバイルバッテリの機能も付いた機器「EneBRICK」を販売開始すると発表した。4月上旬より出荷する。直販価格は1万2,800円(税別)。

iPad に愛用の USB キーボード を 無線接続してくれる…モバイルバッテリー!?「Cerevo EneBRICK」
EneBRICK

Bluetooth アダプタ、モバイルバッテリ、それにタブレットスタンドを1台3役でこなす製品だ。

まず、EneBRICK の本体前部をスライドさせると5〜10型のタブレットを立てられるスタンドになる。次に背面にある USB ポートにキーボードをつなぐと、 Bluetooth 2.1+EDR でタブレットと接続し、ノート PC のように操作ができ、一種のドッキングステーションのように使える。ちなみにキーボードをつないだ状態で18時間連続で動作する。

ドッキングステーション風に使える
ドッキングステーション風に使える

重さは約 215g で、容量 6,000mAh のリチウムイオンバッテリを内蔵し、本体背面にある別の USB ポートに iPhone や iPad をつなげば充電もできる。iPhone 5s であれば2回程度フル充電できるという。

iPad や iPhone の充電もできる
iPad や iPhone の充電もできる

Cerevo では、自ら運営するクラウドファンディングサービス「Cerevo DASH」で購入希望を募り、キーボードにこだわりを持つユーザーを中心に支持を得て、一般販売を決めた。

特に PFU の PC 向けキーボード「Happy Hacking Keyboard(HHKB)」ユーザーからの反響が大きかったこともあり、コラボレーションモデルとして「EneBRICK HHKB Edition」を4月上旬より PFU の直販サイトで販売する。

HHKB とのコラボレーションモデル
HHKB とのコラボレーションモデル

ちなみに米国 Microsoft はこのほど、 Office の iPad 版を世界市場に投入しており、2014年中には日本でも利用可能になるとの情報も出ている。今後、こうした周辺機器市場も従来にない盛り上がりを見せるかもしれない。