米国 Microsoft(MS)が満を持して世界市場に放った「Office for iPad」は大きな関心を呼んだが、結局日本の App Store で提供は始まらなかった。インターネット上で発表会を見守った国内のユーザーはやや失望を味わった。

ややがっかり-- iPad 版 Office は日本の App Store で提供されず
左:Excel、右:Word

もちろん、こうなると予想していた人も多いだろう。

MS は Office シリーズとグループウェアなどをセットにしたサブスクリプション(定額課金)型の「Office 365」に力を入れているが、日本では個人向けに展開しておらず、今春開始予定の低廉プラン「Office 365 Personal」についても、すぐ国内で使えるかどうかは不明だ。

Office for iPad は、無料で Excel や Word、PowerPoint の閲覧が可能だが、編集機能を使うには Office 365 の契約が必要。MS のクラウドサービスと一体になったアプリケーションだ。同社が日本でこの分野の個人向け展開を積極化するまで、Office for iPad についてはお預けを食うことになるかもしれない。

とはいえ、悲観的な見通しは裏切られる可能性もある。

例えば Office for iPad 自体はすでに日本語に対応しているし、Office シリーズの一部であるメモアプリ OneNote の iPad 版は日本の App Store からも無料でダウンロード、利用することが可能。

また MS は今回の発表に合わせてスマートフォンから Excel や Word、PowerPoint を開いて簡単な編集が行える「Office Mobile」を、iPhone 版Android 版とも個人利用に限り無料化しているが、これは日本からもダウンロードが可能だ。

Office Mobile は個人利用に限り編集機能などが無料化
Office Mobile は個人利用に限り編集機能が無料で利用可能に

今後、早い時期に Office fo iPad の全機能が日本でも使えるようになることを期待したい。