慶應義塾大学湘南藤沢キャンパス(SFC)と UQ コミュニケーションズは、SFC が運営するキャンパスネットワーク(SFC-CNS)で、4月から新たに WiMAX 2+による接続環境を導入する。

SFC では、教育研究用のインフラとして、1990年から SFC-CNS を運用してきた。2011年4月からは WiMAX を導入、日本全国から SFC-CNS とインターネットにあるリソースに接続できる環境を提供している。

今回、UQ が2013年10月から新たに開始した超高速 WiMAX 2+ネットワークと SFC-CNS を専用回線で接続、WiMAX 2+によるアクセス環境を提供する。

慶應湘南藤沢、WiMAX 2+でキャンパスネットワークのモバイル環境を強化
ネットワーク構成イメージ

また、従来の IPv4 に加え、新たに IPv6 で、国内各地の WiMAX 2+エリアに SFC-CNS が拡張される。WiMAX 2+モバイルルータは IPv6 対応 SFC-CNS のアクセスポイントとなり、PC などの Wi-Fi 機器に対応する。

IPv4/IPv6 通信イメージ
IPv4/IPv6 通信イメージ