イー・アクセス(イー・モバイル)ウィルコムの合併後の新会社を、ヤフーが買収し、新たなキャリア事業を開始する計画が明らかになった。ソフトバンクグループ内での株式のやりとりだが、ヤフーが計画する新事業は興味深い。

イメージ
出典:ヤフー 公式 Facebook ページ

イー・モバイルとウィルコムの合併後の新会社はワイモバイルという名称になる。ヤフーはその株式の99.68%(議決権比率33.29%)を、ソフトバンクから3,240億円で取得する。取得時期は6月2日。

これによりソフトバンクはまとまった資金を調達できる。一方、ヤフーは買収した新会社を使ってキャリア事業「Y!mobile」(予定)を展開する。

なおイー・モバイルとウィルコムが運営している事業のうち PHS サービス、MVNO(仮想移動体通信事業者) 向けサービス、および ADSL ホールセールについては、今後も継続するとしている。