KDDI 研究所と日本 IBM は、シニアやスマートフォン初心者向けの、スマートフォン基本操作支援技術を開発した。

また KDDI 研究所はこの基本操作支援技術を活用、ユーザーの操作状況に応じて音声/吹き出し/アニメーションなどで適切に応答/支援しながら、スマートフォン画面上での地図操作方法をスムーズに習得できる操作支援アプリ、「スマホ道場」の試作を開発した。KDDI 研究所は、4月1日からこのアプリのトライアル提供を開始する。

KDDI と日本 IBM、シニアのスマートフォン基本操作を支援するアプリを開発
「スマホ道場」メニュー画面

また KDDI では4月から、KDDI ケータイ教室「シニア向け講座」にこのアプリを使用したプログラムを取り入れ、さらに au のユーザー向け会員制サポートサービス「au スマートサポート」でも紹介していく。

「スマホ道場」練習画面
「スマホ道場」練習画面

共同開発では、KDDI 研究所はスマートフォンを初めて使うユーザーの観察実験に基づく基本操作/練習用ユーザーインタラクションの設計、アプリケーション開発を担当した。

日本 IBM 東京基礎研究所は、数理解析技術を用いたユーザーの操作内容分析に基づく操作習熟度の推定と、操作のつまずきを即座に検出し、ユーザーに適切なガイドを提供するソフトウェアの開発を担当した。