台湾 HTC は Android スマートフォンの旗艦モデル「HTC One (M8)」を正式発表した。丸みを帯びた金属質な外見と、本体背面に備える2基のカメラが特徴だ。

HTC、旗艦スマホ「HTC One (M8)」を披露、ツインカメラとメタリックデザイン
出典:HTC 公式 Facebook ページ

背面に備える2基のカメラは、画素あたりの受光面積の大きさを特徴とした「UltraPixel」。いずれも 2.0μm 単位面積、1/3型 CMOS 、F値2.0、28mm レンズを搭載する。2つのカメラを使うと撮影後にフォーカスを合わせ直して写真にボケを出せる。また前面には500万画素カメラを採用する。

ディスプレイは5型 FHD(1920×1080ドット)。CPU はクアッドコアの Qualcomm Snapdragon 801(2.3GHz)、OS は Android 4.4 KitKat。メモリー容量は 2GB、ストレージ容量は 16GB と 32GB のいずれか。最大 128GB の microSDXC メモリーカードも挿入できる。

メタリックなカラーとカーブのかかったデザインが目を引く。ちなみに本体の厚さは 9.35mm。重さは 160g となっている。バッテリー容量は 2600mAh で、最近のハイエンド機種の例に漏れず電力消費の低減機能を備え、最大2週間充電なしで保つ。

3G/LTE サービス対応で、国内投入の予定などは明らかになっていないが、対応周波数帯を挙げておくと、アジアでは LTE が 700/900/1800/2100/2600 MHz、3G が 850/900/1900/2100 MHz。

HTC One(M8)