普段使っている 090/080/070 番号をそのままに30秒10円でかけられる割安通話サービスと、050番号を使う IP 電話サービスを1つにした「050 Free」をブラステルが開始した。専用スマートフォン向けアプリケーション「Cloud Softphone」から利用できる。

番号そのまま30秒10円の通話と、050IP電話どちらも使える「050 Free」、ブラステル
ブラステルの専用カードとアプリ

LTE スマートフォンの高額な通話料対策として、「楽天でんわ」「G-Call」のような通常の電話回線を使うサービスと、「LINE 電話」「050 Plus」のような IP 電話サービスの2種類が注目を集めているが、050 Free はその両方を使い分けられる。

IP 電話でかけていて通話に遅延が発生した場合、アプリからボタンひとつで通常の電話回線に切り替えてかけ直せるなど、状況に応じて最適なサービスを利用できるのが特徴。アプリは、スマートフォンのアドレス帳にある連絡先を自動で同期でき、移行作業の手間などはなくすぐ導入できるという。ただし3月17日時点では、iOS 版から通常の電話回線を使う場合のみ同期に非対応となっている。

通常の電話回線を使う場合、国内携帯/固定電話あてが6秒2円(非課税)、国際電話の場合は米国本土まで1分19.99円(非課税)などだ。

一方、IP 電話を使う場合は、国内携帯電話あてが30秒5.5円(税込)、国内固定電話あてが3分8.4円(税込)、国際電話は米国本土までが1分3.99円(非課税)。ブラステルの IP 電話ユーザー同士は無料で通話できる。

支払いには、同社が発行する専用カードを利用する。クレジットカードやコンビニエンスストア決済、あるいはブラステル指定の店舗を介して、カードにチャージ(入金)し、使った分を残高から引き落とす。