NTT ドコモは、下り最大 150Mbps で通信可能なモバイル無線 LAN(Wi-Fi)ルータ「Wi-Fi STATION HW-01F」(中国 Huawei Technologies 製)を3月22日に発売する。購入予約の受付を、3月17日より全国のドコモショップで行っている。

ドコモ、下り 150Mbps モバイル ルータ「Wi-Fi STATION HW-01F」を3月22日発売
Wi-Fi STATION HW-01F

Wi-Fi STATION HW-01F は、LTE 通信サービス「Xi」に対応しており、最大通信速度は下り 150Mbps、上り 50Mbps。さらに、LTE の対応周波数帯は 800MHz、1.5GHz、1.7GHz、2GHz の4バンドあり、高速通信が広いエリアで利用できるとしている。パソコンや Wi-Fi タブレット、ゲーム機などとの接続は、最大通信速度 300Mbps の IEEE802.11n で行えるほか、USB でもデータ通信できる。公衆 Wi-Fi サービス「docomo Wi-Fi」などにも接続できるので、月々のデータ通信量の上限を気にする必要もないという。

2.4インチのタッチパネル付きカラー液晶画面(LCD)を搭載しており、電波状況やバッテリ残量、接続機器数などの確認や各種設定変更は本体だけで実行可能。また、スマートフォン/タブレットとの接続は、専用アプリケーションをインストールして本体の QR コードを読み取らせて簡単に行える。

同時に10台の機器を接続できる。Wi-Fi の対応規格は IEEE802.11a/b/g/n。有線 LAN には対応していない。バッテリ容量は 1,780mAh で、連続待受時間は約420時間(3G)/約380時間(LTE)、連続通信時間は約6時間(3G)/約7時間(LTE)とのこと。

おおよそのサイズは高さ57×幅90×厚さ 13.5mm、重さは約 98g。ボディカラーは「Orange(オレンジ)」「White(ホワイト)」の2色。