スロバキアのセキュリティ会社 ESET のセキュリティ情報ポータルサイト「WeLiveSecurity.com」の記事によると、ドイツのザールラント大学のスタッフが、「Ubic」という、PIN(Personal Identification Number:個人認証番号)を「Google Glass」でのみ読み込める QR コードとして表示するシステムを設計したそうだ。

ドイツのザールラント大学、「グーグルグラス」で ATM での現金引き出しをより安全に
「グーグルグラス」で ATM での現金引き出しをより安全に
(出典:WeLiveSecurity.com)

Ubic は、ATM マシンから現金を引き出す客のために、「Google Glass」で、さらなるプライバシーを追加できるもの。Google Glass ユーザーだけが見ることのできるワンタイムの個人認証番号(PIN)を表示するが、たとえ、攻撃者が Google Glass をかけていたとしても、PIN は解読できない。ユーザーが PIN を入力するのを見ていたとしても、PIN は毎回変更されるので、悪用はできない。

Ubic システムは、ドイツの「CeBIT」展示会に出展された。