技術革新ライフサイクル管理ソフトウェアの米国 Accelrys(アクセルリス) は、研究室向け次世代モバイル戦略「Accelrys Capture」を発表した。実験データをデジタル形式ですばやく記録でき、ワークフローの柔軟性、効率性、生産性が大幅に向上するという。

米 アクセルリス、研究室向けモバイル戦略「Accelrys Capture」を発表
米 アクセルリス、研究室向けモバイル戦略「Accelrys Capture」を発表

また、「Accelrys Electronic Lab Notebook」(ELN)などの実験インフォマティクスソフトウェアと併用し、より直感的、効率的、生産的に作業できるという。研究者は小型のモバイルデバイスに表示されるインターフェイスから、直感的かつ安全に、情報を入力、手順を確認したり、研究設備からデータを取得できる。また、カメラなどデバイスに搭載された機能で、実験データを記録したり、や共有を迅速化することもできる。

これまでも Accelrys では、研究から製造に至る工程で、「Good Manufacturing Practice」(適正製造規範)に準拠した特定のワークフロー要件を満たすことができる、企業の研究室に専用モバイルアプリを販売してきた。