米国 Apple は、iPhone を自動車と連携させる新サービス「CarPlay」を2014年中に開始すると発表した。大手自動車メーカーが対応モデルを今週から公開予定だ。

iPhone とクルマを1つにつなぐ「CarPlay」、Apple が発表
Apple が発表した CarPlay

以前に「iOS in the Car」の名称で発表していたサービスで、自動車の中でよりスマート、安全、かつ楽しく iPhone を利用できるとうたっている。

CarPlay に対応した自動車と iPhone を Lightning ケーブルで接続すると、音声アシスタント「Siri」が起動し、持ち主の望みに応じて連絡先を探し、ハンズフリーで電話をかけられる。不在着信にかけなおしたり、留守番電話代わりのボイスメールを聞いたりといった操作も行える。

また iPhone に届いたメールや連絡先の情報、最近の旅行履歴などをもとに自動車の目的地を予測し、地図上に表示する。目的地までのルートや交通状況、所要時間なども教えてくれる。交差点などでの右折、左折などを知らせるターンバイターン機能も利用できる。これらのナビゲーション情報は、車載ディスプレイから閲覧できる。

さらに iPhone に保存した楽曲、ポッドキャスト番組、オーディオブック、インターネットラジオ「iTunes Radio」のチャンネルなどを、車載機器から選んで聞いたり、Siri に指示したりして簡単に再生できる。

CarPlay を利用できるのは iOS 7 を搭載した iPhone 5s/5c/5。

対応自動車を投入するのはまずイタリア Ferrari(フェラーリ)、ドイツ Mercedes-Benz(メルセデス・ベンツ)、スウェーデン Volvo(ボルボ)で、今週中にも正式発表する。さらに加えて名前が挙がっているのは、ドイツ BMW Group、米国 Ford(フォード)および General Motors(GM)、本田技研工業(ホンダ)、韓国現代自動車(ヒュンダイ)、英国 Jaguar Land Rover、韓国起亜自動車、三菱自動車工業、日産自動車、フランス PSA Peugeot Citroen(プジョー・シトロエン)、富士重工業(スバル)、スズキ、そしてトヨタ自動車。

米国 Google も Android OS を自動車分野に生かすための団体 Open Automotive Alliance を立ち上げたばかりだが、参加企業の数はより少ない。ここでも当面 Apple が先行することになりそうだ。