「LINE」は3月にも、一般の携帯/固定電話に発信できる 新機能「LINE 電話/LINE Call」を追加すると発表した。LINE のアプリケーションを使っていない人にも割安で電話がかけられる。料金は1分6.5円(税込)などとなっている。

LINE、アプリを使っていない相手と通話できる「LINE 電話」、1分6.5円と割安
LINE のアプリを使っていない人とも割安に通話が可能に

LINE ユーザー同士であれば以前から無料通話ができたが、家庭や店舗、オフィスなどの固定電話や、LINE を使っていない人の携帯電話にはかけられなかった。

LINE 電話はこの不便を埋めるものだ。まずは日本、米国、メキシコ、スペイン、タイ、フィリピンの6か国で利用可能になる。

無料ではないが、通常のキャリアの通話料に比べれば割安。すでに LINE の iPhone 版、 Android 版を使っていれば新たな設定は不要で、基本料などもかからず、発信した際だけ負担が生じる。

通話する際は、相手の番号をキーパッド入力する他、スマートフォンのアドレス帳や通話履歴から連絡先を選べる。さらに LINE が用意したデータベースから店舗や施設の電話番号を検索することも可能だ。

自分の番号も相手に通知できる。ただし通話相手が NTT ドコモのユーザーの場合だけ「通知不可能」または「非通知」になる。

通話音質は鮮明で、途切れにくく、高品質だとうたっている。複数の大手回線事業者と協力し、通信量が多いと見込まれる地域同士をつなぐ場合は専用回線を使ったり、OS、端末ごとにサービスの最適化を行ったりするという。

料金プランは利用する通話時間分を事前にチャージ(入金)する「コールクレジット」と、購入から30日間使える「30日プラン」の2つ。

コールクレジットの場合、国内通話料金は携帯電話あてが1分あたり14円、固定電話あてが1分あたり3円。30日プランでは携帯、固定電話どちらにも1分あたり6.5円で月間60分まで通話できる。また固定電話にしかかけない場合は1分2円で月間60分まで通話できる。

これに加え、米国や中国への国際通話も、固定/携帯電話あてともに1分2円など低額になる。

この他、期間限定キャンペーンとして、一部の店舗には無料で電話ができる。LINE の法人向けビジネスアカウント「LINE@」を導入している店舗や、LINE の データベースに登録している店舗、施設など、合計約130万件が対象だ。

支払方法はアプリ内決済または LINE ウェブストアでの手続きとなる。