富士通と富士通研究所は、ツルツル感やザラザラ感などの触感が得られるタッチパネルを搭載したタブレットを、業界で初めて試作した。超音波振動でタッチパネルと指との摩擦力を変化させる触覚技術を利用する。

タブレットで味わうワニのザラザラ感--富士通が触覚技術搭載タッチパネル機を試作
触覚技術を搭載したタブレット試作機

タッチパネル表面を超音波振動させ、パネルと指の間に高圧力の空気膜を発生させると、その浮揚作用により摩擦力が低減、これにより、「ツルツル」の触感を再現する。また、摩擦力を瞬時に変化させると、画面に凸凹の触感が生じるという。

触感実現の原理
触感実現の原理

同社は2月24日からスペイン・バルセロナで開催される「Mobile World Congress 2014」で試作機を用いたデモンストレーションを披露する。「琴」「DJ」「金庫」「ワニ」という題目で、視覚、聴覚、触覚をあわせた新たな感覚を提供するという。

今後、電子カタログなどのへの応用を考えているといい、タブレットに限らず、さまざまなサービスへの適用を検討し、2015年中に製品化することを目指している。