NTTPC コミュニケーションズは、法人向けのネットワークソリューションサービス「Master’sONE」で、社内 LAN に Wi-Fi 接続できる無線 LAN サービスを開始した。

スマートフォンやタブレット PC などのスマートデバイスが普及し、スマートデバイスから社内 LAN への接続ニーズが高まり、そのために無線 LAN の導入が加速しているという。しかし、無線 LAN は電波でデータを送受信するため、セキュリティ上の脅威となりやすく、高セキュリティの無線 LAN 環境を構築するには、認証サーバーや認証局を構築・運用管理しなければならない。

Master'sONE の「無線 LAN サービス」は、認証基盤をクラウド型で提供、VPN 網に接続された全国のオフィスや店舗に、1台の無線 LAN アクセスポイントから、セキュリティの高い無線 LAN 環境を導入できるようになる。

管理コンソールで端末や証明書を管理できるので、運用負担も軽いという。

NTTPC、社内 LAN に Wi-Fi 接続できる無線 LAN サービスを開始
サービスイメージ図