クラウド会計ソフト「freee(フリー)」が、iPhone 向けアプリケーションを無料公開した。外出先から即時収入、支出の記録ができ、より効率的に経理作業を行える。対応 OS は iOS 7.0 以降。

クラウド会計ソフト「freee」が iPhone 版公開、収入・支出をいつでも記録可能に
外出先から簡単に取引を即時記録できるようになった

freee は経理、簿記の詳しい知識がなくても操作できるのが特徴。銀行口座やクレジットカードの入出金明細を取得し、自動で会計帳簿を作成できる。手動入力も可能。請求書、決算書の作成や未収金管理を行う機能もある。

機能制限の付いた無料プランの他、青色申告対応の決算書作成機能などが付いた個人事業主向けプラン(月額980円)、会社法に準拠した決算書作成機能などが付いた法人向けプラン(月額1,980円)を選べる。

従来は freee の Web サイトに PC からログインして使う形式だったが、今回 iPhone 向けアプリが利用可能になった。家計簿のような感覚で外出先から取引内容を登録でき、期日の近い入出金や、過去に登録した取引の一覧をいつでも参照できる。

なお、外部サービスとの連携など、一部の機能については別途 PC を使って Web サイトから設定する必要がある。