米国漫画(アメコミ)出版大手の Marvel Entertainment は、同社の作品を日本語で手軽に読める iPhone 向けアプリケーション「Marvel グローバルコミック」を公開した。最近「マイティ・ソー」の新作映画を観た人や、「アベンジャーズ」の続編公開を心待ちにしている人にとって、原作となったアメコミの世界に理解を深める機会だ。

マーベル、アメコミを日本語で読める iPhone アプリ「グローバルコミック」公開
「スパイダーマン」などの有名作品が読める

Marvel グローバルコミックは、日本語を含む世界12の言語に対応しており、アプリ本体は無料でダウンロードできる。アメコミの各作品はアプリ上から追加ダウンロードして読む形式で、まず無料の作品を試し、興味を持ったら有料の作品を購入する、といった流れになっている。

有料作品は1点200円。対応 OS は iOS 5.0 以上で、iPhone の他、iPad や iPod touch でも読める。なお、2月10日時点では Android 版は未公開となっている。

日本ではアメコミをもとにした映画はしばしば人気を博するが、原作のアメコミそのものはそれほど知られていない。邦訳の出版点数も多くはなく、書店の漫画コーナーを覗いても、圧倒的な量を誇る日本漫画の中に埋もれがちだ。

そのため新刊情報をこまめにチェックしている愛読者が目ざとく購入するか、あるいは海外漫画専門の漫画喫茶などに足を運ぶ、といった方法で楽しまれているが、今回のアプリの登場で読者のすそ野が広がるかもしれない。