日本航空(JAL)は2014年7月から、国内線の航空機内に公衆無線 LAN (Wi-Fi)サービスを順次導入する。料金は30分400円の時間制プランと、1フライトにつき500〜1,200円のプランから選べる見通しだ。

JALがANAに先行か、7月から国内線機内に公衆 Wi-Fi 導入
JAL は米国 Gogo の衛星接続サービスを介して機内からインターネット利用を可能に

JAL はすでに国際線の一部で公衆 Wi-Fi サービス「JAL SKY Wi-Fi」を導入しているが、米国 Gogo の衛星接続サービスを介して今回これを国内線にも広げる。

対象となる航空機は「ボーイング777-200/-300型機」「同767-300/-300ER 型機」「同737-800型機」の合計77機。 具体的な就航日、就航路線は、確定次第あらためて明らかにするとしている。

JAL SKY Wi-Fi を使うと、国際線での料金は1時間あたり11.95ドルまたは24時間あたり21.95ドルだが、国内線は飛行時間が短いため、別のプランが用意されている。

まず「時間制プラン」では、30分あたり400円で利用できる。また「フライトプラン」として1フライトごとの定額料金が選べる。羽田〜大阪など移動距離が450マイル以下の路線では500円、羽田〜福岡など451〜650マイルの路線ではスマートフォンからの利用が500円、パソコン、タブレットからの利用が700円。羽田〜沖縄のような651マイル以上の路線ではスマートフォンからの利用が700円、パソコン、タブレットからの利用が1,200円だ。決済方法はクレジットカードのみ。

またこれとは別に無料サービスとして、手持ちのスマートフォンなど Wi-Fi 対応機器からスポーツ、グルメ、ミュージック、アニメなどの動画や、搭乗便の行き先の観光地情報を閲覧できる。

手持ちのスマートフォンなどから無料で搭乗便の行き先の観光情報も閲覧できる
手持ちのスマートフォンなどから無料で搭乗便の行き先の観光情報も閲覧できる

この他、JAL マイレージバンク(マイル)会員への特典として、利用頻度の高いダイヤモンド会員、JGC プレミア会員、サファイア会員は年に一定回数、無料で機内からインターネットを利用できる見込み。さらに、JAL マイル会員は誰でも貯めたマイルをインターネット接続に使える無料クーポンに交換できるようになる。

全日本空輸(ANA)も以前から、欧州 OnAir の衛星接続サービスを介して、インターネットに接続できる機内での公衆 Wi-Fi サービスを計画しているが、残念ながら国内線はもちろん国際線への本格導入のめども立っていない。理由は「利用者が満足できる水準でのネット接続環境を確保できていないため」だという。

機内の公衆 Wi-Fi サービスでは JAL が先行する事になりそうだ。ちなみに海外では格安航空会社(LCC)も同種のサービスを導入するところが出ている。JAL の取り組みが呼び水となって日本でもこうした動きが広まることを期待したい。