エプソンは、メガネのように着用するウエラブル機器「MOVERIO(モベリオ)」シリーズの新モデル「BT-200」を2014年4月24日に発売する。仮想のホームシアターとして使える他、視界に地図を浮かび上がらせたり、音声アシスタントに話しかけたりして外出先でも利用できる。同社はオープン価格としている。

「HMD」から「スマートグラス」に、エプソンがウエラブル機器「MOVERIO」新モデル
左:BT-200、右:無線アダプター

BT-200 をかけると、およそ 20m 先に320型相当の大画面が浮かんでいるように見え、そこで2D、3D 映像を再生できる。また映像をシースルーで見ながら周囲の状況を確認することも可能。「Miracast」技術を使って、手持ちのスマートフォンやタブレットに保存した動画を表示できる。バッテリー稼働時間は、動画再生時で6時間。家の中でも外出先でも場所を選ばず利用できるという。

これに加え、スマートフォンのように、新たなアプリケーションを追加して機能を増やせる。地図やショッピング、電子書籍、ゲーム、音声アシスタントといったアプリをダウンロードすることが可能。

BT-200 単体で販売する他、ブルーレイ/DVD レコーダーなどの機器と無線接続できるアダプターとのセット「BT-200AV」も用意する。

エプソンの MOVERIO シリーズは2011年に「ヘッドマウントディスプレイ(HMD)」製品として初代モデル「BT-100」が登場したが、エプソンは今回「スマートグラス」と位置付けて新モデルを投入した。この呼び名は、米国 Google の「Google Glass」に対する注目の高まりに合わせたものだろう。

初代モデルとの違いは、ヘッドセット部の重さを約3分の1となる 88g まで引き下げた点や、明るさを向上した点。「Dolby Digital Plus」を採用して音質も高め、さらに画面の拡大、縮小、スクロールといった操作をスムーズに行えるようにしている。OS は Android 2.2 から Android 4.0 に変更している。