インテルと日本マイクロソフトは、1月24日に設立された「電子母子健康手帳標準化委員会」に参画した。両社は製品やサービスを提供するなどの技術支援を行い、委員会の活動を支援していく。

母子健康手帳の電子化に向けて、複数の企業や団体のプロジェクトが進行しているが、記録内容やデータ記録法で統一された方式が採用されず、相互に連携できない、集まった情報の統合活用ができないなどが危惧されている。

「電子母子健康手帳標準化委員会」は、電子母子健康手帳の標準的な記載法を制定する、標準化を目的とした委員会。委員会は、Microsoft のクラウドサービス「Windows Azure」と、Intel Atom プロセッサベースの Windows タブレットを採用した。

インテルは、「電子母子健康手帳標準化委員会」が千葉県鴨川市の亀田総合病院で行う実証研究で、研究に参加する妊産婦が利用するタブレットとして、Intel Atom ベースの Windows タブレットを提供、また、香川県高松市のミトラの電子母子健康手帳の Windows ストアアプリ「Mama のーと」の開発を支援する。

日本マイクロソフトは、「電子母子健康手帳標準化委員会」による電子母子健康手帳の提供基盤を担うクラウドサービスとして、Windows Azure を提供、電子母子健康手帳の Windows ストア アプリ「Mama のーと」開発で技術支援を行う。

「Mama のーと」は、妊産婦や育児中の母親が利用する電子母子健康手帳アプリ。現在 Windows ストアで提供されているアプリでは、従来の母子健康手帳と同様に身長・体重などの基本情報やスケジュールなどを記入し、管理できる。委員会では、実証研究で収集するデータなどを活用・分析し、将来的には、医療機関やデータセンターの電子カルテや予防接種管理システムなどと電子母子健康手帳を連携するなど、より高度な活用にも取り組む。

未来の母子手帳は Windows タブレット?―電子母子健康手帳の実証実験で Intel Atom ベースを採用
「Mama のーと」