ソフトバンクモバイルは、LTE スマートフォン向けの新料金プランとして、音声通話とパケット通信が月々定額で利用可能となる料金パックを4月21日より提供する。例えば、月額6,980円の「Mパック」(税別表示/以下同様)を契約すると、1か月間に1回5分以内の国内通話が最大1,000回、国内パケット通信が最大 7GB 利用できる。契約には、別途「S!ベーシックパック」(月額300円)を申し込み、さらに月額利用料980円(2年契約時)を支払う必要がある。新料金プランは「SoftBank 4G」「SoftBank 4G LTE」対応スマートフォンの購入時のみ申し込み可能。

現在 LTE 対応スマートフォン向け料金プランには無料通話時間が設けられておらず、通話時に30秒21円で課金される。新料金プランでは、国内通話あれば時間帯の制限なく、ある程度の無料通話が利用可能となる。各料金パックの内容は以下の通り。

【S パック】
・月額利用料:5,980円
・通話:1回3分以内を月50回まで
・パケット通信:最大 2GBまで

【M パック】
・月額利用料:6,980円
・通話:1回5分以内を月1,000回まで
・パケット通信:最大 7GB

【L パック】
・月額利用料:9,980円
・通話:1回5分以内を月1,000回まで
・パケット通信:最大 15GB

この新料金プランを契約するには、月額300円の S!ベーシックパックを申し込み、2年契約で同980円、通常契約で同1,960円の専用基本料を支払う必要がある。公衆無線 LAN(Wi-Fi)サービス「ソフトバンク Wi-Fi スポット」と「テザリングオプション」の利用は無料となる。

各料金パックに設定されている通話時間/回数の制限を超えた場合、通話料は30秒30円と通常料金よりかなり高額になるため注意しよう。

また、パケット通信の超過料金は、100MB 当たり S パックが250円、M パックが125円、L パックが100円。上限を超えた後の通信速度を 128kbps に落とすことで超過料金を課金させない有料オプションサービス(月額300円)も用意している。