16GB のスマートフォンを購入しても、そのストレージ容量のすべてを利用できるわけではない。ストレージの一部は、システムやプリインストールアプリで既に使用されているためだ。ストレージ容量全体から、システムなどで使用されている容量を除いたものが、実際に利用者の使えるストレージ容量となる。

では、実際に使えるストレージ容量が最も大きいスマートフォンはどの機種なのだろうか?英国の技術系 Blog サイト Which? Tech Daily が調査し、その結果を伝えている。

実際に使えるストレージ容量が最も大きいのは iPhone 5c で、もっとも小さいのは GALAXY S4
実際に使えるストレージ容量の多いスマートフォンは?
(出典:Which? Tech Daily)

同サイトの調査によれば、実際に利用できるストレージ容量が最も大きかったのは iPhone 5c。16GB のうち、12.60GB が利用可能だったという。2番目に大きかったのは Google の Nexus 5で 12.28GB。Which? Tech Daily には次のようにある。

「Apple の廉価版 iPhone である『5c』が、我々がテストをした16GB スマートフォンの中で実容量が最も大きく、12.6GB(全体の79%)が利用可能だった。Samsung GALAXY S4 などと同様に Android OS を搭載した Google の新型 Nexus 5は 12.28GB(77%)の利用可能スペースを提供している。iPhone 5s は銅メダル。利用可能ストレージ容量は 12.2GB(76%)だった」

最下位は、Samsung GALAXY S4 で、利用可能ストレージは8.56GB(54%)。同デバイスは Google Nexus 5 と同じ Android OS が利用されているのにもかかわらず、実際に利用可能な領域は、かなり制限されていることがわかる。

だが同サイトは、GALAXY S4 では microSD カードが利用できることに触れている。

「上位3位に入ったスマートフォンを買いに走る前に、これら3機種にはメモリーカードスロットがないことを知っておくべきだ。これら3機種は、利用可能な内部ストレージ容量は大きいが、安価なメモリーカードで容量を追加することはできない。これに対し S4 では、わずか40ポンド(約6,888円)程度で64GB のストレージを追加できる。S4 のストレージ問題に対応するため、Samsung は利用者がアプリを直接メモリーカードにインストールすることを許可している」