韓国 Samsung Electronics は、Android タブレット「GALAXY Tab3」シリーズの新製品として、7インチ画面の「Galaxy Tab3 Lite」を発表した。4G(LTE)ネットワーク非対応で、正面(サブ)カメラを搭載せず、ストレージメモリー容量が小さいなど、廉価版モデルとみられる。世界各地で販売する予定。

Samsung、7型 Android タブレット「Galaxy Tab3 Lite」発表、LTE 非対応の廉価版
Galaxy Tab3 Lite(White)

Galaxy Tab3 Lite について Samsung は、スリムで軽いうえ画面周囲のベゼル(額縁)が狭くなり、片手で持ち運びやすくなったと説明する。操作用メニューを画面内でなくベゼル部分に配置することで、画面全体を無駄なく使えるようにしている。バッテリ容量は 3,600mAh で、最大8時間のビデオ再生が可能という。

画面は約7インチ(1,024×600ピクセル表示)で、有効画素数が約200万画素のメイン カメラを搭載する。防水性/防塵性は備えていない。RAM 容量は 1GB、ストレージ用メモリー容量は 8GB。無線 LAN(Wi-Fi)の対応規格は IEEE802.11b/g/n。プロセッサは、動作周波数 1.2GHz のデュアル コア品。Android OS のバージョンは4.2。

Wi-Fi モデルのサイズは、116.4×193.4× 9.7mm、重さは 310g。ボディカラーは「White(白)」「Black(黒)」の2色。

Galaxy Tab3 Lite(Black)
Galaxy Tab3 Lite(Black)