LINE は、知らない電話番号から着信があった場合すぐに相手の情報を調べて表示する無料の Android 向けアプリケーション「LINE whoscall」を公開した。迷惑電話の番号だと分かれば、その場で着信拒否できる。

LINE、見知らぬ着信の「正体」をあばき、迷惑電話は拒否する「LINE whoscall」開始
人気アプリをLINEがカスタマイズした

LINE 本体との連携機能などはなく、単体で使える。イエローページや、企業がインターネットに公開している電話番号、利用者が報告した迷惑電話番号など合計約6億件をデータベース化しており、スマートフォンにインストールしておくと知らない番号からの着信があったり、 SMS が届いたりした際に、自動で照合する。

日本だけでなく海外からの電話番号も識別できる。迷惑電話として識別した番号は、アプリのブロックボタンを押すだけで着信拒否が可能。パケット代が気になる人は、事前にデータベースをダウンロードしておけば、インターネットに接続してなくても使える。

LINEのアイコンで分かりやすく相手を識別できる
LINEのキャラクターアイコンで分かりやすく相手を識別できる

ちなみに LINE が独自開発したアプリではなく、台湾 Gogolook が開発した同機能のアプリ「WhosCall(だれ電)」をカスタマイズし、 LINE のキャラクタなどを取り入れて親しみやすくしたもの。 Gogolook はすでに LINE の親会社である韓国 NAVER が買収している。

元の WhosCall は、全世界でのダウンロード数が600万件を超え、2013年には台湾、香港、インドネシア、マレーシアなど8か国で、米国 Google が選ぶ「Google Play The Best Apps of 2013」の1つに入っている。

LINE whoscall の対応 OS は Android 2.2以上。iOS 版の公開は未定。元の WhosCall は以前 iOS 版を公開していただけに、LINE whoscall についても早期の対応が期待される。