NTT アイティは、最新のエコーキャンセラ技術により、iPhone/iPad をハンズフリーで利用できる Web 会議「MeetingPlaza」(ミーティングプラザ)クライアントプログラムの販売を、1月10日に開始する。

MeetingPlaza は、3,000社以上の導入実績を持つ Web 会議サービス。従来から、タブレットを利用したサービスを行ってきたが、iPad ユーザーの「ハンズフリーで利用したい」という要望に応え、iPhone/iPad 版のエコーキャンセラ機能を強化改良し、ハンズフリーで利用できるようにした。

NTT アイティ、iPhone/iPad をハンズフリーで利用できる Web 会議「MeetingPlaza」を販売
iPadハンズフリーを利用した会議シーンの例

エコーキャンセラ機能が強化されたことで、ヘッドセットなしで会議に参加できるようになった。またハンズフリーになり、iPad を簡単に移動できるようになった。タブレットをハンズフリーで設置し、1拠点に数人が参加する Web 会議サービスとしても利用できる。

利用できるのは、iPad 2、iPad Retina(第3世代)、iPad Retina(第4世代)、iPad mini、iPhone 4S、iPhone 5(iOS 5.0 以降 iOS 7.0まで)。すでにクラウド型サービスのユーザーになっている場合は、iPhone/iPad に App Store からクライアントプログラムをダウンロードすると、ハンズフリー機能が利用できる。

利用形態には、NTT アイティの「ミーティングプラザサーバー」を共同で利用するクラウド型サービスと、オンプレミス型の2形態がある。