東芝は、法人向け市場で加速するモバイル対応商品のラインアップを強化するため、Windows 8.1 Pro 搭載の3機種を商品化、1月中旬から順次販売を開始する。

販売する製品は、ドコモ LTE「Xi」モジュール内蔵モデルを選択できるタブレット「VT714」と、キーボードを着脱できるデタッチャブルタイプの11.6型「dynabook V714」、8.0型液晶を採用した小型軽量タブレット「dynabook Tab VT484」など。

東芝、高速無線 LAN 対応 Windows 8.1 Pro 搭載タブレット3製品を販売
高速無線 LAN 対応 Windows 8.1 Pro 搭載タブレット3製品を販売

VT714 は、11.6型フル HD 画面を搭載した Windows タブレット。LTE 通信モジュールを内蔵した、NTT ドコモの高速通信サービス「Xi」に対応するモデルを選択できる。HDMI 出力端子、RGB ポート、有線 LAN ポートなどのインターフェイスを備え、画面部分を見やすい角度に調整できるキーボードドッグ(オプション)もある。標準で次世代高速無線 LAN 規格「Draft IEEE802.11ac」に対応する。

また、キーボードドックを最初から装備した、デタッチャブルノート PC「dynabook V714」も同時に投入する。

dynabook Tab VT484 は、8.0型液晶を搭載、本体幅約 213mm、約 445g の小型軽量サイズのタブレット。約11時間バッテリで駆動できる。「Microsoft Office Home & business 2013」の搭載を選択できる。

本体前面に約200万画素、背面に約800万画素の高精細カメラを搭載し、ビデオ通話のほか、高精細な画像・映像の撮影ができる。ホワイトボードや手持ち資料を斜めから撮影した画像も、台形補正や白とび補正して Office ファイルにデータとして取り込むことができる「TruCapture」を搭載する。GPS センサーを内蔵、高速無線 LAN 規格 IEEE802.11a/b/g/n(2x2MIMO)に対応する。