パナソニックは、堅牢性が特徴のタブレット製品シリーズ「TOUGHPAD(タフパッド)」の新モデルとして、企業/法人向け7型 Windows タブレット「TOUGHPAD FZ-M1」を発表した。OS が「Windows 8.1 Pro」のモデルと「Windows 7 Professional」のモデル、LTE モバイル ネットワーク「Xi(クロッシー)」対応モデルおよび非対応モデルなど、計4モデルを用意する。価格はオープン。3月上旬より順次販売する。

パナソニック、“タフ”な法人向け7型 Windows タブレット「TOUGHPAD FZ-M1」発表
TOUGHPAD FZ-M1

TOUGHPAD FZ-M1 は、IP65 準拠の防滴/防塵性、約 150cm からの落下に耐える耐落下性を持つタブレット端末。「インテル Core i5-4302Y vPro プロセッサー」(動作周波数1.60GHz、最大2.30GHz)を堅牢性の高いボディに搭載しつつ、放熱性を工夫することでファンレス構造を実現させた。タッチパネル付き7インチ(WXGA:1,280×800ピクセル表示)液晶画面は輝度が高く視野角が広いため、屋外でも見やすいという。

防滴/防塵性を備える(出典:パナソニック)
防滴/防塵性を備える(出典:パナソニック)

軽くコンパクトなため、屋外や工場といった過酷な環境にも Windows 環境を持ち出してタブレットを使った業務が行えるとしている。企業で求められる安全性に配慮し、遠隔管理技術「インテル vPro」、TPM セキュリティチップなど、ハードウェア レベルのセキュリティ機能にも対応。

タッチパネルは、10本指による操作が可能なマルチタッチ対応。静電容量式であるため、手袋をした指やタッチペンによる操作も可能。水滴が付いた状態でも使える。

バッテリ駆動時間は約8時間。オプション品「バッテリーパック(L)」装着時は約16時間となる。バッテリはユーザーが交換可能で、電源を入れたままバッテリ交換が行えるホットスワップ機能にもオプションで対応する。

カメラは、背面が500万画素、正面が200万画素。4GB の RAM と、128GB の SSD を搭載する。無線 LAN(Wi-Fi)の対応規格は IEEE802.11a/b/g/n/ac。Bluetooth(v4.0)にも対応し、USB 3.0、microSD カードの利用も可能。

OS は、Windows 8.1 Pro 64ビット(「FZ-M1CCAAZBJ」「FZ-M1CCAAJBJ」)、または Windows 8.1 Proダウングレード権行使の Windows 7 Professional 32ビット プレインストール(「FZ-M1CCAAZCJ」「FZ-M1CCAAJCJ」)。Xi 対応でモバイル ネットワークが利用可能なモデルは、FZ-M1CCAAJBJ および FZ-M1CCAAZCJ の2つ。

サイズは、高さ132×幅202.7×厚さ 18mm。重さは、約 540g(FZ-M1CCAAZBJ、FZ-M1CCAAZCJ)または約 550g(FZ-M1CCAAJBJ、FZ-M1CCAAJCJ)。

TOUGHPAD FZ-M1 外観(出典:パナソニック)
TOUGHPAD FZ-M1 外観(出典:パナソニック)
(上から、上面、前面、背面、底面)