SAP ジャパンは、エンタープライズ/コンシューマ向けモバイルアプリ開発支援総合プラットフォームの最新版、「SAP Mobile Platform 3.0」の販売を開始した。

最新版では、多様な開発ツールや SDK(ソフトウェア開発キット)、業界標準技術に対応し、さらにオープンになった。また、モバイルアプリ開発者は開発ツールを選ぶことができる(BYOT:Bring Your Own Tool)ので、モバイルアプリを迅速に開発できるようになる、という。

最新版 SAP Mobile Platform 3.0 では、既存のエンタープライズ向けモバイルアプリ開発基盤「Sybase Unwired Platform」に加え、ノンコーディングによるエンタープライズ向けモバイルアプリ開発基盤の Syclo「Agentry」、コンシューマ向けアプリケーション開発基盤「Sybase Money Mobiliser Platform」の3つが統合された。

これにより、単一のプラットフォームで、B2E、B2B、B2C すべてのアプリ開発に対応する。

また、従来の SAP Mobile Platform アーキテクチャに加え、HTML5 や Web データプロトコル OData、業界標準の通信プロトコル HTTP REST、Java モジュールの動的追加や実行を管理する基盤システム OSGi Spring、クロスプラットフォーム開発を可能にするフレームワーク Cordova などの業界標準オープン技術に完全準拠した機能を新たに追加した。

さらに、エンドツーエンドでアプリを開発できるようにするため、UI 開発ツール「SAP AppBuilder」も併せて提供する。

AppBuilder は HTML5 ベースで動作し、事前定義されたアプリケーションテンプレートがあるため、ドラッグ&ドロップとクリック操作で HTML5 によるモバイルアプリを開発できる。