SAP ジャパンは、企業向けのモビリティ管理「SAP Mobile Secure」ポートフォリオを拡充した。

具体的には、SAP Mobile Secure ポートフォリオに含まれるモバイルデバイス管理(MDM:Mobile Device Management)ソフトウェア「SAP Afaria」(エスエーピー アファリア)最新版サービスパック(SP4)の提供を開始する。

SAP Afaria は、今回の最新版サービスパックで新たに iOS 7 の新機能に対応、Windows Phone 8 への機能拡張を行う。iOS 7 の新機能であるアプリケーションごとの VPN(Virtual Private Network)設定やシングルサインオン設定などができるうえ、「監視」対象デバイスで管理できる制限項目の設定を Afaria 管理画面で行い、リモート制御できる。

また、SAMSUNG の Android を搭載した Galaxy シリーズの一部で採用されている企業向けセキュリティソリューション「KNOX」と連携し、KNOX 独自 API を利用し、BYOD や企業のモバイルデバイス利用時に、セキュアなアプリケーションコンテナ領域を生成、管理できる。

SAP Mobile Secure ポートフォリオには、MDM に加え、データやファイルなどのコンテンツ管理(MCM:Mobile Contents Management)ソフトウェア「SAP Mobile Documents」、モバイルアプリケーション管理(MAM:Mobile Application Management)ソフトウェア「SAP Mobile App Protection by Mocana」(エスエーピー モバイル アップ プロテクション バイ モッカーナ)が含まれる。

SAP Mobile Documents は、社内コンテンツへのモバイルアクセスをセキュリティの高い環境で実現するソフトウェア。今回、iPad、Windows、Mac および HTML5 対応ブラウザーに加え、新たに iPhone とAndroid デバイスにも対応した。企業のコンテンツ管理システムや、文書分類に基づいたセキュリティポリシーとの連携がさらに強化された。また、日本語を含む7つの言語に対応した。

SAP Mobile App Protection by Mocana は、ラッピング技術でモバイルデバイスで利用するアプリケーション内にある企業データを保護するソフトウェア。今回、SAP Mobile App Protection by Mocana に最適化されたモバイルブラウザを新たに提供する。これで、米国連邦標準規格の暗号モジュールのセキュリティ要件である FIPS140-2 に準拠、アプリケーションごとの VPN 設定機能、コピー/ペースト防止など、最新のセキュリティポリシーを適用できるセキュアなブラウザを標準で利用できる。