欧州委員会は、旅客機が欧州連合の国々の上空を飛行中は、乗客は最新の無線通信技術を使える、という新ルールを採択した。

これは、今後、3G(UMTS)/4G(LTE)通信が標高3,000メートル上空で使われるだろうことを意味する。

これまで、欧州連合を飛行中は、乗客には唯一 2G(GSM)のみが許可されていた。しかしこれでは大量の添付文書、電子書籍のダウンロード、ビデオなどの大容量のデータ送信は、実行不可能だった。

今回の欧州連合の決定で、飛行中の乗客はスマートフォンやタブレットを使用できるようになるが、 3G/4G ブロードバンドサービスが作動するには、航空会社は特定のハードウェアを各飛行機に備え付けなければならないそうだ。