イーソルは、イスラエルの Integrity Project とサブライセンス契約を締結、同社の「Windows Embedded Compact 7」用 IEEE802.11a/b/g/n 無線 LAN ドライバを「eSOL 無線 LAN ドライバ(Windows Embedded Compact 7 版)」として、2014年第1四半期に販売を開始する。

OS に Windows Embedded Compact 7 を使用したハンディターミナル、POS システム、システム制御コントローラなどに新規に無線 LAN 機能を持たせる際、あるいは有線からの置き換えの際の導入を見込んでいる。

イーソルは、IoT(Internet of Things)/M2M 機器、HEMS 機器、情報家電、FA 機器など μITRON/T-Kernel ベースのシステム向けに「eSOL 無線 LAN ドライバ(TRON版)」「eSOL 無線 LAN 評価キット(TRON版)」を販売しているが、対応 OS を広げることで、普及が見込まれる無線 LAN の多様なニーズに対応する意向。

イーソルは、パシフィコ横浜で11月20日から22日に開催される「Embedded Technology 2013 組込み総合技術展」のイーソルブースで、Windows Embedded Compact 7 版と TRON 版両方の eSOL 無線 LAN ドライバのデモを実演する。