米国 Consumer Intelligence Research Partners(CIRP)の最新のデータにより、Android スマートフォンから Apple iPhone に乗り換える利用者が増加していることがわかった。CIRP によるデータを入手した米国メディア AppleInsider が伝えている。

同メディアは、CIRP による iPhone 5s と iPhone 5c の購入者400人に対するインタビュー調査の結果を紹介。購入者の20%が Android スマートフォンからの乗り換えであったことを明らかにしている。2012年の iPhone 5 発表時の調査では、Android からの乗り換え購入者は16%に留まっており、iPhone 5s/5c の発表で Android から iPhone に乗り換える人が増加していることが伺える結果となった。

Android スマートフォンから iPhone へ乗り換える利用者が増加
iPhone 5s/5c 購入者が、以前に利用していた携帯電話
(出典:CIRP via AppleInsider)

CIRP による調査は、旧モデル iPhone からのアップグレード購入者が増加していることも明らかにしている。iPhone 5s/5c 購入者のうち、旧モデル iPhone からアップグレードした人の割合は65%。2012年調査時の55%から10ポイントの伸びを示した。

CIRP は Apple 製品に対する顧客満足度の高さを指摘し、これがリピート購入率を高めている理由の1つだとしている。

また、CIRP は Samsung 製品と Apple 製品の購入者の年収についても調査。Apple 製品購入者の方が、年収が若干高めであることにも触れている。

Samsung 製品購入者と Apple 製品購入者の年収比較調査
Samsung 製品購入者と Apple 製品購入者の年収比較調査
(出典:CIRP via AppleInsider)